meta name="p:domain_verify" content="0706e05d0a71ebce6c94ed8e9ddb5d3e"/
ワーママの環境整備

超初心者がFFFTPでWordPressブログをバックアップ!

超初心者向け!! ブログのバックアップをFFFTPでやればいいことまでは分かったけど・・・ほかは全く分からない! ワードプレス+ Windowsブログのバックアップの取り方を超初心者の私がやりながらまとめました。

FTPってなに?バックアップって要るの?という私と同じレベルの方へ

バックアップの必要性と、内容

WordPressブログのバックアップの必要性

ブログの更新や、テーマ・プラグインの更新の時に、サーバ(私の場合はエックスサーバ)に今のブログの状態のバックアップを取っておいて、不足の事態にそなえます。

・WordPressのシステム異常
・無料ブログだと、運営会社の判断でブログ自体を削除されることも?!
・災害時に消滅?!

大切に育てているブログ、消えないように守りましょう!!

FTPソフトとは??

FTPソフトとは、ファイルを転送する方法がセットになったソフトだった!

F:ファイル File
T:転送 Transfer
P:手順 Protocol

このFTPソフトを使って、ブログのデータを管理しているサーバにアクセスします。

普段 自分のPC→WordPress→エックスサーバ

異常時 自分のPC→FTPソフト→エックスサーバ

これでワードプレスが異常事態でもサーバの元データにアクセスできるし、WordPressから万が一ブログを引っ越す場合もサーバにアクセスできます。

サーバ自体のバックアップはどうなってるの?

おおもとのエックスサーバは標準のサービスとして自動的にサーバにあるデータのバックアップを毎日取ってくれています!

”サーバー上のデータは、1日1回、バックアップ専用サーバーに自動でコピーしており、全サーバープランともサーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」、MySQLデータベース「過去14日分」のデータを保持しています。 ”
XSERVER 自動バックアップ機能説明ページより

参考:エックスサーバにとってあるデータ2種類と復旧費用

サーバー領域データ(Web・メールデータ) :ブログ記事自体のデータ。重い。復旧費用1万円
MySQLデータベース:データの保管、更新、削除、コメント関連付けなど整理のためのデータ。軽い。復旧費用5000円

ここまでのまとめ

サーバへのデータのバックアップ自体はエックスサーバがしていてくれるので、WorePressに不具合が起こったときに、サーバからデータを取れるようにFTPソフトをあらかじめ導入しておいたほうがいい。ということのようです。

今回私は、FFFTP自分のPC
プラグインBackWPupDropbox
バックアップを取ろうと思います。

実際にバックアップを取ってみる

ウィンドウズのFTPソフトはFFFTP

FTPソフト、WindowsとMacで違うんですね!←私、そこが分からないレベルの超初心者です

私はWindowsを使っているので、無料ソフトFFFTPを使います!

ダウンロード

まずは、『FFFTP』で検索してダウンロード・・・

bitってなに?

さっそく超初心者の壁出現・・・bitってなに。

Bitとは:
情報処理能力の速さを現す単位 大きいほど能力が高い。

で、私が選ぶべきなのはWindows 64bit 32bitどっちなんでしょう(汗)

bitの確認方法

自分のPCがどちらのビットか、PCの『設定』から確認できるようです。

設定システムバージョン情報(又はPCの基本的な情報

ここに『システムの種類』として 64ビット X64 と表示がありました!!

安心して64bit版をダウンロードします。

FFFTPセットアップ

ダウンロードしたファイルを開いて、FFFTPを実行することを許可して、セットアップウィザードに表示された指示通りにしてセットアップを完了

PCのプログラム(『最近追加されたもの』として一番上に出てました)から『FFFTP』をクリック

Xサーバをつかうので、Xサーバ側ウィンドウを開いて作業します)・・・以下、X)とします

X)エックスサーバログインしておく

ホスト一覧 で 新規ホストを選択

ホストの設定名 は好きな名前を入れる(ブログの名前にしました)

X)エックスサーバの『契約一覧』のうち、『サーバー』の欄の 『サーバ管理』ボタンをクリック

X)そうすると『サーバパネル』にいけます。『FTP』の欄の『サブFTPアカウント設定』をクリック

X)『ドメイン選択画面』から、データをバックアップしたいドメイン名選んで『選択する』をクリック

X)FTPソフト設定タブをクリック
そこに表示されている『FTPサーバ(ホスト)名』 ) sv○○○.xserver.jp を コピ

FFFTP側の画面の『ホスト名(アドレス)』に sv○○○.xserver.jp を貼りつける

X)FTPソフト設定タブの表示から『ユーザー名(アカウント名)』をコピー

FFFTPの『ユーザー名』に貼りつける
『パスワード』にエックスサーバパネルのパスワードを入れる
暗号化』タブをクリック 『FTPS(Explict)で接続』以外のチェックを外して『OK』

ホスト一覧にもどるので、今つくったホスト名を選んで

接続!

すると、左右2つに別れたFFFTP画面が出ます。

左側が自分のPCのデータ 右側がサーバーにあるデータです

今回は、ブログのテーマを変えたいので、自分のPCにサーバのデータをバックアップしてみます

左側の自分のPCの枠に新しいフォルダを作成。『ブログ名バックアップ』としました。

そのバックアップフォルダを開いてサーバー側のデータをクリックアンドドライブします。

時間はかかりましたが、PCにサーバの情報を保存できました!がんばりました!おつかれさまでした!!

BackWPupでのDropboxへの設定とバックアップ

プラグインBackWPup の設定はこの記事で理解できました♪
超初心者のわたしにも分かりやすかったです。 ありがとうございます!

https://agousa.com/backwpup-dropbox/

やっとバックアップが取れたので、テーマの変更をします!