meta name="p:domain_verify" content="0706e05d0a71ebce6c94ed8e9ddb5d3e"/
ワーママの憧れ熱中人

東原亜季さんの経歴。結婚や子どもの出産のタイミング、仕事と家族

キレイすぎるセレブ妻の東原亜季さん。経歴と井上康生さんとの結婚、4人のお子さんの出産タイミングとお仕事について調べてみました。

↑画像は亜季さんのオフィシャルブログから引用させていただきました

東原亜季さんの経歴。結婚と出産

生年月日 1982年11月11日

出身地 神奈川県横須賀市武山

高校時代 ライブ会場でスカウトされ芸能界デビュー

お父さんはサラリーマンと言われています。

兄4歳上・姉2歳上・亜季さんの3人兄妹

北鎌倉女子学園高校という見方が有力 中高一貫校

ピアノを15年習っていたとの情報も

特技はピアノ 書道 ボーリング

2003年アサヒビールイメージガールでデビュー

フジテレビ系格闘技番組『SRS』4代目格闘ビジュアルクイーン

このころ世界選手権の取材で亜季さんが井上選手に一目ぼれしたようです

 出会いから半年で交際、4年半で結婚&妊娠されたと言われています

雑誌『JJ』の専属モデルに就任

2006年 『CAとお呼びっ!』

    『怨喰』

2008年 柔道家 井上康生さんと結婚

    『ひがしはらですが?』

    『東原亜季のハートフルウェディング』

2009年  スコットランドエディンバラに留学(康生さんの語学留学に伴うもの)

      第1子女の子出産

2011年 『東原亜季のHAPPY BOX』

    『東原亜季のStyle Book』

2010年11月 第2子男の子出産

2012年 30歳 起業 食品やベビーケア製品を扱う

    『東原亜季の骨盤やせ美脚ダイエット』

2013年 『東原亜季のHAPPY LIFE』

2015年7月 海外赴任中に第3子・4子の双子の女の子出産

2016年 『東原亜季さんの野菜たっぷりレシピ』発売

東原亜季さんの仕事と家族

息子さんがアレルギー体質ということから、原料や無添加にこだわった食品が欲しいと30歳で起業されています。

起業したきっかけは

“商品をコメントするお仕事が多かった頃に“人が作ったものにコメントするんじゃなくて、そろそろ自分がいいと思ったものを作ればいいのに”って、友人から言われたんです。確かに、自分でこだわって作ったものなら、胸を張っていいと言い続けられるな、と。長男が生まれて、母親としてなんとなく焦りを感じていた29歳の頃です。”

”これから先、たとえば、子供たちが多感な年頃になったとき、私が撮影でずっと家にいない、というのは母親として嫌だなって思ったんです。
かといって私には専業主婦という選択肢はなく。
社会とのつながりは持っていたい、細々とでも自分のペースで仕事を続けたい、ならば、よし、自分の会社を作っちゃおうって(笑)。
何の知識も持たずに、勢いで起業しました”

”双子がまだ小さくて、子供4人、手がかかりますが、自分のペースでやらせてもらっているので、仕事と育児の両立にはストレスを感じていません。将来は鎌倉あたりで店頭販売できるお店を作れたら、なんて、そんな夢も持っているんです”

引用:ワニブック WANI BOOKOUT 東原亜季さんインタビューより

ご自身で 株式会社Mothe を設立され、

  • 青汁
  • 動物性原料・小麦粉不使用のカレー(フレーク状で溶かして使う)
  • 野菜だし
  • ベビーケアクリームや石鹸

の取扱をされています。

亜季さんご自身が「あったらいいな」と思うものをつくっているのが伝わってきます。

旦那さんの井上康生さんは 日本代表の監督をされています

井上康生オフィシャルブログ

長女さんと長男さんは上二人は柔道をしているようですね 

長男さんは少年柔道県大会3位の実力者のようです

自身のブログが話題になることも

公式ブログをこまめに更新されていますが、ブログで取り上げた対象に災難が起こるという噂が流れ「デスブログ」と言われることも。内容は、カワイイお子さんの話や、商品の紹介が多いようで爽やかですが・・・。


まとめ

モデル・タレントとしての道を歩んだのち、金メダリストの妻になる。

絵に描いたようなストーリーですが、

亜季さんのコメントからは、子供を育てながら働いて社会経済とのつながりを模索する現代女性が感じている想いが伝わってきました。

子供3人のつもりが子供4人のママになったところは予想外だったかもしれません。ご主人の康生さんが不在のことが多いため、ご両親にサポートしていただいているようです。

子育てをしながら本を出版するところにパワーを感じますね!

起業して、子育てのペースにあわせて仕事をしていく

こんなスタイルがもっとできるようになったら、みんな子供産むんじゃないかな・・・?と思いました。