meta name="p:domain_verify" content="0706e05d0a71ebce6c94ed8e9ddb5d3e"/
ワーママの子育て

プログラミング玩具マイクロビットに小学生と超初心者の親が挑戦!

サンタさんが小3の娘に『micro:bit マイクロビット』をくれました。・・・これからプログラミングが必要になること、娘が「学校でやったプログラミング面白かった!」という情報からくださったようです(汗)

私は、仕事でワード、エクセル、パワポを使う以外、PC苦手・・・でも、娘に「ね!お母さんも見てみたいでしょ!!☆」とキラキラのおめめで言われたら・・・やるしかないか。

親も、マイクロビットを通じてプログラミングを理解する!覚悟を決める

持ち運びケース・MicroUSBケーブル・電池ボックス・手順書がついた『マイクロビット初めてセット』は5000円程度です
micro:bit(マイクロビット) はじめてセット SoftBank


子供が何を学んでいるか、親が全く知らないのはもったいないです!!これからの全国民の”常識”になります!

箱を開ける

箱を開けたら、もう後にはもどれない・・・(笑) 中身は思いのほか小さい。本体は定期の半分くらいの大きさだった!ちっちゃ!

マイクロビットのページにアクセス


ネットでhttps://microbit.org/ja/guideにアクセス


娘はまだキーボードの入力に慣れていないアルファベットの小文字がわからなくて、学校でもらったキーボード表を見ながら打ち込みました。

ひらがなで打ち込んでも大丈夫ですが、そもそもローマ字の入力がむずかしいらしい。

はは

娘が四苦八苦している姿を見ていたら、私が今、ローマ字入力を苦にしていないのが、すごいことなんだと自分を褒めてあげたくなりました(笑)

グーグル検索で「まいくろび」 まで入力すれば、検索の提案に出てくるので、がんばってローマ字入力していました・・・

子供がなにに壁を感じているか観察すること!
アルファベットの小文字がわからない
→大文字と小文字の関係がわかる表を用意

キーボードの文字配置がわからない
→キーボード表を用意

ローマ字入力ができない
→親が一緒にみるしかない(笑)

ひらがな、半角英数の切り替えができない!
→おしえる!

HPにたどり着くまでにかなり時間がかかるので、タブに履歴を残しました。

マイクロビットのホームページ

クイックスタート

ページの一番上に クイックスタートボタンがあるので、選択

PCのOSの種類をえらぶ

うちはWindows!です。選択すると、Windows用のガイドが出ます

PCにマイクロビットをつなぐ

本体とプログラミングをするPCをUSBでつなぎました。
PCのマイコンピューターに「MICROBIT」が出ました。

今後の作業を娘だけでできるようにデスクトップにMICROBITのショートカットを作っておきます♪

プログラムの難易度を決める

MakeCodeエディター(ブロックを使用)とPython(テキスト)が選べます

はは

自分がさせたい指示を『〇〇する』っていうブロックで組んでいく、簡単バージョンの MakeCodeエディター を選びました。

やったー!!なんかおもしろ !!

プログラムをつくってみる

『コーディングを取得』または『プログラム』という表示をクリックすると、プログラムを組む画面にいけます↓

プログラミングをはじめよう‼ 

点滅するハート♡

チュートリアル 個別指導 のこと。
「初めて?これからはじめよう」と表示してあるのが点滅するハートです。クリックすると、一通りの説明が流れます。

えなに?どゆことよ?いみわかんないんだけど
どゆこと!!!ねえお母さん!!

チュートリアルの間は操作できず、見るだけです。手順をメモ書きしないと覚えていられません。

翌日、娘はチュートリアルの写真を撮ることで作業を効率化していました!

え!ずっとみときゃいい?次へおしていい?

次への矢印を押していって、 チュートリアルを『Finish』して、じぶんで組み始めます。

プログラムを組む画面

真ん中の『基本』『入力』などをクリックして、プログラムのパーツを組み合わせていきます。

あーそゆこと!わかった!!やりかた!!

例:『表示:ずっと』+『表示:アイコン♡』 にする
例:『入力:ボタンAが押されたとき』+『表示:チョキ』

組み終わったら、ダウンロードして、PCの『ダウンロードフォルダ』から、マイコンピュータの『MICROBIT』へダウンロードしたファイルを入れます。

すると、PCにつないでいたマイクロビットが指示したとおりの光ります!!

わー!!!すごいすごい!!!
これもやってみよ。『スマイリーボタン ☆』
どやってけすの!

母が必死でなんとか進めると・・・

MICROBITに入れたプログラムを消すか、新しいプログラムを無理やり入れたら更新できました♪

わおー!おかあさんうまい !

どうお母さんコレ!!

おー愛情メーター?!やだこれ だって好きな人今いないもん!

そういう問題なのか??(笑)

夢中でやってますが、すごい頻度で子供が話しかけてきます。一人でやれるようになって、一人で楽しむにはすごい時間がかかりそう(汗)

でも、


PCが好きだけど口下手な親と、その子供のコミュニケーションを活発にするには抜群の効果があるはずです!!

我が家はみんな常に喋るので、話す順番を制御するので必死(汗)


しばらくして長女小4帰宅・・・

なのそれ!!おもしろそう!私もやりたいっ!!
サンタさんにもらったパズルやらせてあげるから、やらせてー!!

えーーーー!!


予想通りの展開。

単品は2700円程度です
Seeed micro:bit(マイクロビット)[micro:bit]

けんかにならないように、親が誘導する必要があります(笑)
マイクロビット単体は2000円程度なので、小学生には人数分購入してもいいかもしれません。
小3の娘は、マイクロビットに「マイちゃん」とすぐに名前をつけたので、共有するというより、個人で所有する色合いの強いおもちゃだということが分かりました(泣)

翌日は、自分一人で何パターンかのプログラムを組み合わせてゲームを作っていました。

一人でやれるようになるのも案外早いかも?

無線で5m以内の誰かとやり取りしたりできたら、モチベーションも保てると思うので・・・やっぱりもう一つ買って、長女に参加させます(笑)